HOME 製品情報 会社情報 お知らせ ACCESS お問い合せ
溶接時の紫外線および有害光線を遮断するウェルディングカーテン目の安全を守ります。難燃性に優れた軟質ビニールフィルムの防炎認定商品です。
特 徴
溶接作業時に発生する強い紫外線その他の有害な光線を遮断し、目の安全を守ります。
適度な透明度があり、作業状態が外部から見えます。
イエロー、ダークグリーンの2種類があり、作業位置、条件などによる使い分けもできます。(作業から離れているところや作業状況をよく確認したい場合はイエロー、大量 のアーク光が発生する場合はダークグリーンが適しています)
難燃姓に優れた軟質ビニールフィルム防炎認定商品です。
ウェルディングカーテン光線透過グラフ
溶接時に発生するアーク光には、波長が400〜800nmの可視光線のほかに、400nm以下の紫外線、800nm以上の赤外線も含まれています。
左図はカーボンアーク光とウェルディングカーテンの分光分布、光線透過率ですがご覧になるとわかるように、人体に特に有害といわれる320nm以下の紫外線や強度の赤外線、可視光線も発生しており、溶接光を直接見ることは目に有害です。また、まわりにいる人にも知らない間に溶接光が目に入ってしまう心配があります。
ウェルディングカーテンは、人体に有害な320nm以下の紫外線をカットすると同時に、幅広い波長域でアーク光の透過を抑制します。イエロー、ダークグリーンの2種類が揃っており、例えば外部から作業状況をよく確認したい時や作業から離れたところで使うのならイエロー。非常に多量の溶接光が発生する場合にはダークグリーンを・・・というように、位置や条件にあわせて使い分けができます。ウェルディングカーテンは難燃性と安全性の技術が生かされた防炎認定商品ですから、作業上の安全対策上も最適。
さらに”立入禁止”の危険区域を示す目印にもできます。快適で働きやすい作業環境づくりに貢献します。
物 性
試験項目 タテ ヨコ 試験方法
抗張力〔kg/cm〕 2.69 2.23 JIS K−6732
伸張率〔%〕 308 324
直角引裂強度〔kg〕 2.57 2.81
耐寒性〔℃〕 −40 −35 JIS K−6772
難燃性
試験項目 性能値 試験方法
炭化面積〔cm217.8 消防法4条3−第4項
残炎時間〔秒〕
残じん時間〔秒〕
酸素指数〔%〕  25.7 JIS K−7201
製品タイプ・サイズ
■ ウェルディングカーテン
厚み(mm) 巾(mm)
0.35 イエロー 1370
0.35 ダークグリーン 1370